SWEET WEB.JP

【NO RICE NO LIFE feat. MICHOPA】お米とエクササイズの相思相愛な関係♡

【NO RICE NO LIFE feat. MICHOPA】お米とエクササイズの相思相愛な関係♡

いつだってヘルシーに痩せたいけれど、“炭水化物抜き”など間違った食生活をしていませんか? 正しく動いてお米を食べれば、メリハリのあるからだも夢じゃない! プロの先生達に、食べてキレイになる“お米”との付き合い方を教えてもらいました。

お米とエクササイズの相思相愛な関係を教えてくれたのはバズーカ岡田さん。

Profile

岡田 隆

日本体育大学准教授、スポーツトレーナー、骨格筋評論家など、幅広く活躍。トレーニングは「心とからだを鍛えるもの」を軸に、分かりやすいからだづくりを提案・指導する。

 

みちょぱVOICE

焼肉ではライス待ちするくらい米好き! 昔から朝ごはんは白米派で、大盛りで食べることもあったリアルなお米LOVER! パンは月1だけど、お米を食べない日はほぼないかも。とにかくおかずとライスの組み合わせが大好きで、焼肉も絶対ライスありき。ライスに何が合うかを考えるのも好き。お米をよく食べるせいなのか腸の調子も絶好調! 今後もお米愛は止まりません。

 

RICE × EXERCISE

キレイにつながる♡ お米の魅力をみちょぱが深掘り! 

Q:筋肉をつけることのメリットを教えて! 

A:代謝がアップして太りにくい体質に! 

からだを動かし肉がつくと活動性が上がり代謝がよくなるので、食べても太りにくいボディを作れます。筋肉がつくと、痩せた細い棒のようなからだから、見た目が美しいメリハリのあるシェイプに! 筋肉は重いですが、体重(数字)に左右されず美しいからだを目指すのが理想です。

 

Q:からだ作り(筋肉)にお米がナゼ最適なの? 

A:筋肉を動かすためのガソリン的な役割に

お米=炭水化物は消化されると糖質となって、筋肉を動かすエネルギー源のひとつになります。炭水化物を食べないと、ガソリン不足状態に! 脂質が極めて少ないお米は、過剰な脂質を一緒に食べないよう注意すれば、決して太らないのです。

 

Q:運動の前と後、お米はいつ摂取したらいいの? 

A:どちらでもOK! 目的によって摂取を

トレーニングを頑張るエネルギーにするためには、動く前に食べるのがベスト。動いた後に使い切ったエネルギーを再補充するためなら、後に食べるのが有効です。低脂質のおかずと組み合わせて、ボディメイクに上手に活用してみて。お菓子より断然お米がヘルシーです。

 

Q:お米を食べないとどんなデメリットがあるの? 

A:低血糖になると集中力が落ちます

お米=炭水化物を抜くと、低血糖になるので集中力が欠け、様々な場面でのパフォーマンスが下がります。ボディメイクの質も下がり、よいからだが作れません。お米を食べて動くことで脂肪は燃えますし、ボディメイクの質が高まり、美しいからだができるのです。

 

だからお米はからだにいい! お米は栄養価にも優れています! 

お米は栄養的な側面から見てもとっても優れている、万能食材。お米は糖質だけでなく食物繊維やたんぱく質、マグネシウム、鉄分、ビタミンなど様々な栄養素が含まれたマルチ食材です。

(一社)日本健康食育協会 柏原ゆきよさん

 

 

LET’S EXERCISE

机プッシュアップ@LIVING ROOM


STEP 1

腕を大きく広げて肘を伸ばして机に手をつく

STEP 2

腕立てふせの要領で肘を曲げる

全体重がかかりキツいエクササイズ! どこでもサッと手軽にできて腕立てふせより負担が軽いから、慣れれば効率的かも。からだの角度を倒すほどハードに。集中して丁寧にやるのが◎。

 

しゃもじパームプレス @KITCHEN

STEP 1

しゃもじを両手の平で挟むように持つ

STEP 2

右へ両手を力いっぱい伸ばす

STEP 3

同じ要領で左へ動作を繰り返す

腕を伸ばすだけの地味でシンプルな動きだけど、二の腕と胸にきいてきて、汗ばんでくる! ナメてましたっ。バストアップにもなり、料理中やおうち時間に、すぐ簡単にできていい♡

 

NO RICE NO LIFE ノーライスノーライフプロジェクト

JA全農公式米消費拡大ポータルサイトに注目! 毎日の生活に欠かせない日本の主食「お米(ごはん)」に関する様々な情報を、WEBサイト「NO RICE NO LIFE」を通じて発信し、お米のある素晴らしい人生を応援しています。今回紹介したお米と筋トレについて知りたい方は、サイト内の「RICE BODY!」をぜひチェック! 筋トレの動画解説も掲載中♡

詳しくはこちら

〈お問い合わせ先〉
JA全農
https://www.zennoh.or.jp/information/internet/

スタイリングは全てスタイリスト私物

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

photo_DAISUKE TSUCHIYAMA[TRON]
styling_MAKIKO ITO
food styling_NORIKO SHIRAI
hair & make-up_NAYA
model_MIYU IKEDA
text_MAYUKO HAMAGUCHI
cooperation_UTUWA

(sweet 2021年8月号)

web edit_SWEET WEB, NAGISA AMANO[SAKURAS]

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
広告掲載はこちら
FOLLOW US
Instagram
広告掲載はこちら
PRIVACY POLICY