SWEET WEB.JP

オススメのグランピング&キャンプ場5選! おしゃれにアウトドアで大自然を満喫♡

オススメのグランピング&キャンプ場5選! おしゃれにアウトドアで大自然を満喫♡

近年人気の「グランピング」は、屋外で過ごす解放感や、簡単なのにとってもおしゃれな雰囲気が人気。

グランピングなら、キャンプほど気合いを入れなくても、緑あふれる場所で手軽にアウトドアを満喫できちゃいます♪

レジャーシーンですっかり大人気になったグランピングは、今では全国各地で楽しむことができ、自分で用意してアウトドア料理を楽しむタイプの施設や、専属シェフが作る美味しい料理を楽しめる施設などバリエーションも豊富。

この記事では、おしゃれにグランピングが楽しめるオススメのキャンプ場・グランピング施設をご紹介します!

また、これから初めて挑戦する人のために、グランピングで体験したいことなどについてもご紹介! 記事を参考にして、グランピングで楽しい思い出を作ってみてくださいね♡

グランピングって?

グランピング キャンプ場 おすすめ

グランピング(glamping)は、魅力的という意味を持つ「グラマラス(glamorous)」とキャンプを意味する「キャンピング(camping)」を組み合わせた造語で、優雅で快適なキャンプという意味で使われている言葉です。

グランピングは、もともと海外で流行し、日本に伝わりました。

グランピングはただ快適であればいい、優雅であればいいというわけではなく「ラグジュアリーさ」と「大自然」が大切。大自然の中で優雅に、快適にキャンプを楽しむのがグランピングです。

グランピングが人気な理由

グランピング キャンプ場 おすすめ

グランピングが人気を集めているのは、その手軽さが大きな理由のひとつです。

一般的なキャンプの場合、テントや寝袋、調理器具や食材などを用意して、設営や火起こし、調理に至るまで、全て自分たちで行わなければいけません。キャンプ好きからすると、これらを自分で行うのがキャンプの醍醐味ですが、初心者にはハードルが高め。

一方、グランピング施設や、グランピングができるキャンプ場にはあらかじめ、グランピングに必要なテント、テーブルや椅子、ライト、調理器具などが用意されています。

ほとんど手ぶらで、施設に行くだけでアウトドア気分を満喫できます。施設によってはベッドやエアコンまで完備されているところもあり、専属シェフが料理を振る舞ってくれる施設も。

都会の喧騒に疲れてしまったとき、手ぶらでふらっと楽しめるグランピング施設は忙しい現代人にぴったりのスポットです!

グランピングは何をするの? 楽しみ方は?

グランピング キャンプ場 おすすめ

グランピングの楽しみといえば、なんといっても自然を感じること! グランピングで体験したいことや、オススメの楽しみ方を以下でご紹介します。

  • キャンプファイヤー、焚き火
  • ハンモックに揺られながら星空観察
  • ゆったりとアウトドア料理を作る、自然の中でBBQを楽しむ
  • ラグジュアリーなテントでまったり
  • 日常を忘れ、非日常的な空間を楽しむ
  • スマホなどインターネットから距離を置く
  • カヌー、トレッキングなどで自然に触れる
  • ピザ作り、燻製作り など

グランピング施設には、アウトドアに詳しいスタッフがいるため、スタッフに相談してみるのもオススメです。

施設によっても提供しているサービスや設備などが大きく異なるため、いくつかを比較して自分の希望にぴったりのところを見つけてみてはいかがでしょうか。

グランピングの施設のタイプ・種類

グランピング キャンプ場 おすすめ

グランピングといえばテントを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実はその他にもコテージ型・ヴィラ型、トレーラー型などタイプがいくつかあります。

ここでは、それぞれの特徴を簡単にご紹介しますので、ぴったりのものを探してみてください。

テント型

グランピングの定番のテント型は、アウトドア気分をしっかり味わえる人気のタイプです。

テント型にも様々な種類があり、自分で設営するようなタイプのテント、パオ(モンゴルの移動式住宅)のようなタイプ、景色を楽しめるように一部が透明になっているタイプ、冷暖房やベッド完備の大型テントなどがあります。

コテージ型・ヴィラ型

コテージ型やヴィラ型と呼ばれるのは、一戸建てを貸し切るタイプのもの。

建物の規模によっても異なりますが、一般的には部屋がいくつかあり、キッチン、シャワーやお風呂、トイレ、冷暖房、寝具などが用意されている場合がほとんどです。

一棟を貸し切るので別荘のような気分が楽しめ、ファミリーや大人数での利用にもオススメです。

トレーラー型

キッチンや寝室、リビングなどの居住スペースのあるキャンピングトレーラー型で楽しむグランピングもオススメです。

キャンピングトレーラーに宿泊するレジャーはアメリカでは昔から定番で、現在では日本でもキャンピングトレーラーに宿泊できるグランピング施設・キャンプ場があります。

アメリカンな雰囲気を楽しめるのがキャンピングトレーラー型の魅力で、インスタ映えもすると人気を集めています。

おしゃれ過ぎ! 人気のキャンプ場・グランピング5選

それではここからは、人気のキャンプ場・グランピング施設をご紹介します!

オーパークおごせ BIO-RESORT HOTEL & SPA Park OGOSE

オーパークおごせ BIO-RESORT HOTEL & SPA Park OGOSEは、埼玉県越生町にある北欧グランピングリゾート。埼玉県にあるので、都心から約2時間ほどとアクセスがいいことも魅力です。車を少し走らせれば、広大な森林の中でグランピングを楽しむことができますよ。

オーパークおごせ BIO-RESORT HOTEL & SPA Park OGOSEは複合リゾート施設で、宿泊プランが充実していることが特徴。

グランピングテントはテント内にエアコンが完備されているため、暑い季節も寒い季節も快適に過ごすことができます。テントは自然光が透過するコットンテントなので、夜はぼんやり光って幻想的な雰囲気に。朝は太陽の光ですっきり目を覚ませるはずです。

岩盤浴やレストラン、キッズパークなど、滞在時間を目一杯楽しめる施設もたくさんあります。

「焚き火」「自分で挽く朝のコーヒーキット」「ふわふわとろ〜りスモア作りキット」「BIOワインピクニック」「本格ピザ窯で作るピザ作り体験」「薪割りから楽しむ本格焚き火燻製セット」など、グランピング体験をより楽しいものにできる体験メニューも豊富です。

【住所】埼玉県入間郡越生町上野3083-1
【公式ホームページ】https://opark.jp/

藤乃煌 富士御殿場(ふじのきらめき)

藤乃煌 富士御殿場(ふじのきらめき)は、静岡県にある富士山を一望できる優雅なグランピング施設です。東京から約1時間半ほどでアクセスできるので、気軽に足を運びやすいこともメリット。

独立型のキャビンには、キャンプやグランピングに欠かせない焚き火やハンモックに加え、ジェットバスも! モダンなキャビンはとってもおしゃれで、室内は空調完備。シャンプー、タオル、ドライヤーなどアメニティも用意されていて、ホテルステイとアウトドアのいいとこ取りを楽しめます。

屋外リビングでシェフが手掛けるコースディナーを堪能したら、焚き火を囲んでゆったりコーヒータイム。全キャビンから富士山を眺めることが可能なので、せっかくなら天気のいい日を狙いたいところ♪

なお、こちらの施設は送迎も行っていて、JR御殿場駅もしくは東名御殿場停留所からの送迎あり。可愛らしい送迎車で、アウトドア気分も盛り上がること間違いなし!

【住所】静岡県御殿場市東田中3373-25
【公式ホームページ】https://www.fu-ji-no.jp/kirameki/index.html

グランピングヴィレッジIBARAKI

この投稿をInstagramで見る

Rion Satoh(@rion_st)がシェアした投稿

グランピングヴィレッジIBARAKIは、東京から約2時間、磯原海岸に面した場所にあるグランピング施設です。温浴施設を併設していて、お風呂にゆっくり浸かりながら、水平線から昇る朝日を望むことができます。

客室は大型ドームテントとトレーラーハウスの2タイプ。それぞれの客室には専用の食事スペースがあり、広々とした海を眺めながら食事を楽しめます。

トレーラーハウスはアメリカンな雰囲気もあり、洋画好きな人にもぴったり! また、トレーラーハウスのうち2基は愛犬の同伴OK。プライベートドッグランつきなので、ワンちゃんにも嬉しい環境です。

ペットと一緒にグランピングを楽しみたい人、森より海でのグランピングを楽しみたい人にオススメです♪ 夕食は茨城のブランド牛「常陸牛」や、地元の新鮮な魚介類や野菜を使ったBBQを楽しめるので、自然もグルメも欲張りに楽しみましょう!

【住所】 茨城県北茨城市磯原町磯原2547-3
【公式ホームページ】https://www.glamping-village.jp/

Circus Outdoor TOKYO(サーカスアウトドアトウキョウ)

Circus Outdoor TOKYO(サーカスアウトドアトウキョウ)は、まるで物語の中に入り込んだような、フォトジェニックで個性的な空間が魅力のグランピング施設です。

上級クルーの控え室をイメージした「Blueberry Unicorn」、迎賓用の部屋を再現した部屋「Royal Griffin」、サーカスクルーの控え室をイメージした「Jumpin’ Jackalope」など、部屋によって異なるコンセプトが設定されているので、何度も足を運びたくなってしまうほど♪

アウトドアとは思えない上質で凝ったインテリアは映画のセットのよう。テントから一歩出れば目の前には奥多摩湖が広がっているので、日常を忘れてグランピングを楽しめます。

また、こちらの施設はシェフによる豪華フレンチフルコースディナーが楽しめるのもポイント。グルメな人にもオススメです♪

【住所】東京都奥多摩町川野290-1
【公式ホームページ】http://www.circusoutdoor.com/

REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL(リワイルド リバーサイド グランピングヒル)

REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL(リワイルド リバーサイド グランピングヒル)は、千葉県にあるキャンプ&グランピング空間。

こちらの施設は、女性のためにデザインされたことが特徴で、4種類のテントには女性が気持ちよく過ごせるための工夫が詰まっています。

大きなダブルベッド、照明、ソファ、ハンモック、可愛らしいぬいぐるみもあしらわれていて、自宅のようにリラックスして過ごすことが可能です。

食材、ドリンクの持ち込みが自由ですが、食事のコースをつけることも可能。暑い時期は川遊びやホタル狩りも楽しめますよ。

【住所】千葉県夷隅郡大多喜町粟又183-1
【公式ホームページ】https://rewild-camping.com/glamping/riversidehill

グランピングで手軽にアウトドアを楽しもう♡

グランピングは、アウトドアを手軽に楽しめるのが魅力。どのグランピング施設もラグジュアリーな空間や設備が整っているので、写真映えもばっちりです。

都会の喧騒に疲れてしまったときは、大自然の澄んだ空気の中で、アウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか♡

【関連記事】

アウトドアも可愛く快適に♡ 話題のグランピング施設をご紹介

ワーケーションに最適! 東京近県のリゾートホテル6選

sweetエディターがオススメするホテルステイ5選

web edit_SWEET WEB
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら