SWEET WEB.JP

【映えドレス】この秋は『素材』と『シルエット』で映えるドレスが気分♡

【映えドレス】この秋は『素材』と『シルエット』で映えるドレスが気分♡

スウィートガールが愛してやまない「ドレス」。ファッションへのポジティブなムードが高まる今、小細工抜きに一目で惚れた1枚を身にまといたい……♡ 単なる派手にならない、大人女子が惹かれるキーワードでコレクション!


MATERIAL&SILHOUETTE
「素材」と「シルエット」で映える!

大げさに飾るより、からだに吸いつくフォルムや
肌をみずみずしく見せる素材で、目立つのではなく
絵になる女性を目指したい! 色みはあくまで
シンプルに、ニュアンスで物語って。

01.ひらひら

フリル=甘いという発想はもう古い。
ひかえめなヒラつきを無造作に配することで、
ロマンティックな白のドレスも凛とした佇まいに。
ややモードな白と黒の小物でモノトーンに徹するとさらにクール。

ドレス¥127,000(Cecilie Bahnsen/リステア)、バレッタ¥2,200(ガールズソサエティ)、イヤーカフ¥16,280(KNOWHOW/KNOWHOW jewelry)、バッグ¥49,500(RIV NOBUHIKO/ハルミ ショールーム)、シューズ¥14,500(CHARLES & KEITH/CHARLES & KEITH JAPAN)

02.なびく

ふわりと広がるしぐさや、揺れて動く陰影など
豊かな表情から目が離せなくなるフレアなドレス。
イエロー地にピンクの花モチーフを
刺繍した大胆なデザインも、ドレスの開放的な
シルエットで儚さをキープ。

1枚ならリゾート気分、インナーにタンクを重ねれば街でも楽しめるお得感。ネックレスひとつぐらいのさり気ない装飾がベスト。ドレス¥52,800(BAUM AND PFERDGARDEN/S&T)、ネックレス¥27,280(KNOWHOW/KNOWHOW jewelry)

03.かわる

前後でデザインの変わるつけ襟で、
3つの顔を持つレディライクなニットドレス。
ちょっとおかたいスクエアカラーと、
襟をつけない優しいUネックのコントラストも◎。
背中の大胆なあきも、ニットならヘルシー。



ドレス¥24,200(Rosarymoon/Rosary)、バレッタ¥2,200(ガールズソサエティ)、イヤーカフ※2個セット¥26,180(KNOWHOW/KNOWHOW jewelry)、右手リング¥36,300、左手リング¥45,100(共にSARARTH/SARARTH カスタマーサポート)、バッグ¥93,500(Jacquemus/ファーフェッチ カスタマーサービス)、靴¥19,800(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

04.つるつる

生地のつるりとした質感が、素肌にうるおいをもたらす素材のトリック。
オールホワイトのピュアなイメージを裏切る、
センシュアルな肌見せで大人の色気を堪能♡
サイドのシャーリングで、白の膨張感を回避。

足元はハードなブラックのロングブーツで、媚びない女性を目指して。ドレス¥47,300(DESIGNERS, REMIX/コロネット)、イヤーカフ¥19,800(SARARTH/SARARTH カスタマーサポート)、ロングブーツ¥9,900(by muni:r)

05.おちる

ニット素材の重みに包まれたい、新しい季節の始まり。
バックスタイルやサイドスリットの涼しげなディテールとモコモコとしたニットのコントラストにときめいて。
ダルメシアン柄風の淡いランダムドットでクラスアップ。

ドレス¥35,200、ロンググローブ¥8,580(Rosary/Rosarymoon)、イヤリング¥2,970(レイ ビームス/レイ ビームス 新宿)、ネックレス¥110,000(SARARTH/SARARTH カスタマーサポート)、バッグ¥55,000(BY FAR/H3O ファッションビュロー)

6.ひろがる

ティアードドレスの描く美しいAラインはそれだけでどこかポエティック。
さらに胸元や袖にあしらわれたギャザーで、一層ドラマティック。
デコルテがのぞくスクエアネックのヌケ感が、裾の重みを軽やかに見せる。

ドレス¥59,400(CASA FLINE/CASA FILINE表参道本店)、イヤーカフ¥16,500(ウノシエル/14 SHOWROOM)、ネックレス¥165,000(GIGI/ホワイトオフィス)、リング¥17,600(in mood/14 SHOWROOM)、シューズ¥57,200(BY FAR/H3O ファッションビュロー)
photo_EIZO KUZUKAWA
styling_YUKO TOSHIMA
hair&make-up_KEITA IIJIMA[mod’s hair]
model_ALISSA YAGI
text_ERI UMEDA
web edit_KAREN MIYAZAKI[SWEET WEB]
※記事の内容はスウィート2022年9月号のものになります。記載されている商品は販売終了している可能性があります。予めご了承ください。
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

FASHION 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら