SWEET WEB.JP

セックスで自律神経が整うって本当?意外な5つの効果を紹介

セックスで自律神経が整うって本当?意外な5つの効果を紹介

「セックスで女性は綺麗になる」「セックスした次の日は調子がいい」などという話を聞いたことはありませんか?

実は、セックスによって自律神経が整うといわれていて、体の不調を回復させるためにも愛する人とのセックスは重要なのです。

さらに、セックスは自律神経を整える以外にもさまざまな効果があり、美肌効果や免疫力を向上する効果があるという事実があります。

この記事では、セックスで自律神経が整うのは本当なのか? セックスで得られる5つの効果、気持ち良いセックスをするためのポイントなどをご紹介していきます!

自律神経とは

セックス

自律神経が乱れると、心や体の調子が乱れるという話を聞いたことがある方も多いと思いますが、実際にどのように心や体に作用するのでしょうか?

まずは自律神経について詳しくご紹介します。

交感神経と副交感神経

自律神経は、自分の意志とは関係なく24時間働き続けて内蔵の動きや体温などのコントロールをしています。

昼間活発になる「交感神経」と夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」があり、この二つがバランスを取りながら体の機能を正常化しています。

交感神経は心臓などの器官と脊髄を通じてつながっていて、複数の器官を動かすのに対して、副交感神経はそれぞれの器官と個別につながっていて、心身の緊張を解き休ませる働きをします。

自律神経が乱れると不調の原因に

ストレスや不規則な生活によって自律神経のバランスが乱れてしまうと、緊張状態が続き交感神経が優位になっている状態が多くなり、心身にさまざまな不調が生じます。

交感神経が活発化することで血管が収縮して血流が滞り、体内の老廃物も排出されなくなるのです。

気持ちがイライラしてしまったり、集中力が低下したりと、休息が必要なときに休めないことで自律神経のバランスが乱れ、以下のようなさまざまな影響を及ぼします。

  • めまい
  • 冷え
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 動機
  • 便秘
  • 下痢 など

複数の症状が別々に表れることもあれば、同時に症状が重なることもあり、精神症状としてイライラや不安、不眠などが起こることもあります。

自律神経が乱れるとうつ症状や不安症の症状が出る場合もあり、心も体も影響を受けてしまいます。

副交感神経を優位に働かせることが重要

前述したように、ストレスや睡眠不足などの不規則な生活習慣によって、交感神経が優位になりすぎると自律神経のバランスが乱れます。

そのため、副交感神経への切り替えをスムーズに行うことが重要となるのです。

夜更かし、朝寝坊、太陽を浴びない生活、不規則な食事などは、交感神経を優位にさせる要因となります。

ストレスを発散させられるような状況をつくり、副交感神経を活発化させる生活を心がけるようにすると、胃腸機能が活発化する、脳や心が落ち着くといった状態になります。

そのため、十分な睡眠をとることや、生活習慣を改めることなどが必要です。

セックスで自律神経が整うって本当?

セックス

セックスのときは、リラックスモードになり副交感神経が優位になります。そのため、自律神経を整えることができるといわれているのです。

また、刺激を与えて交感神経を優位にさせ、交感神経と副交感神経の両方をうまく使いこなすことで、自律神経のバランスが保たれます。

セックス後はリラックス状態になっていることで、よい睡眠をとることもできるため、副交感神経を優位に働かせることができ、健康的な生活を送ることができますよ♡

セックスで得られる5つの効果

セックス

セックスによって自律神経が整い、心身共に健康な状態を保つことができます。そして、セックスにはそれだけではなくさまざまな効果が期待できるということをご存じですか?

ここからは、セックスで得られる5つの効果についてご紹介します。

エストロゲンによって美肌になる

セックスで美肌になる、綺麗になるという話をよく聞きますが、実際セックスによって女性が美肌になることはあるのでしょうか?

アメリカ国立衛生研究所の研究グループが行った調査によると、性行為を1度でも行ったことがある女性は、エストロゲンの濃度が15%ほど高いということがわかっています。

さらに、セックスをした日の朝には平均よりエストロゲンが15%ほど高かったという結果もあるのです。

つまり、セックスによってエストロゲンが分泌されるというのは本当だということがこの研究結果からわかります。

エストロゲンは、美肌ホルモンともいわれる性ホルモンで、20代でピークを迎えそれ以降は分泌が減るとされているのですが、セックスによってエストロゲンが分泌されて綺麗になる、美肌になるなどの効果が期待できるということになります。

脳の認知機能が向上する

年齢を重ねてからもセックスを楽しむことによって、脳の認知機能が向上するというデータもあります。

イギリスのコヴェントリー大学の研究チームによって行われた認知能力テストによると、積極的に性生活を送っているカップルはテストの結果が高いということが明らかになっています。

また、米国立生物工学情報センターによるラットを使用した研究の結果で、交尾に及んだラットの細胞が分化し、ニューロン新生が促進されたという結果もあります。

つまり、認知機能が回復して記憶力が上がるという結果が得られたということです。

このような研究から、セックスが脳の認知機能を向上させる機能があるのではないかということがわかります。

免疫力アップ

世界保健機構(WHO)は、人間が健康を維持して長生きするための方策として「セクシャル・ヘルス」を推奨しています。

セックスをすることで性的快感を得ると、新陳代謝が活発になり免疫力がアップするとされているのです。

アメリカのウィルクス大学が行った調査によると、週に1~2回のセックスを行うことで、病原菌やウイルスの侵入を防ぐとされる「免疫グロブリンIgA」が産生されて抵抗力が増すという結果に。

実は日本人は世界的に見てセックスレスな国民であるといわれています。週に1~2回のセックスをしている欧米人に比べると、がんに罹患する人の数が3倍ともいわれていて、セックスによって免疫力を高めて、病気を防ぐ必要があるということが提唱されています。

ダイエット効果

セックス約30分間で消費するカロリーは、男性だと約100キロカロリー、女性は約69キロカロリーといわれています。

同じ時間ランニングをしたときのカロリー消費量と同等なので、セックスをすることで極端にダイエット効果があるというわけではありませんが、カロリーを消費することは間違いありません。

体位によっても消費カロリーは変わってくるため、ダイエット効果を感じたい方は積極的に動くことができる騎乗位を試してみるなど、工夫をしてみることもオススメです。

ストレスを解消させる

パートナーとセックスを楽しむことは、ストレスを解消させることにもつながります。

前述したように、セックスには副交感神経を優位にさせる効果があるため、リラックスして気分がすっきりします。

さらに、セックスの際に分泌されるオキシトシンという物質が幸せな気分になる、脳や心が癒される、不安が減るといった効果を与えてくれることも、ストレス解消につながるポイントといえるでしょう。

気持ち良いセックスをするポイント

セックス

セックスがさまざまなよい効果をもたらしてくれることがわかりました。

ここからは、パートナーと気持ち良いセックスをするポイントをご紹介します。

コミュニケーションを大事にする

本当に大好きな相手とセックスを楽しむには、コミュニケーションをしっかりとることが重要です。

自分の気持ち良いと感じる場所を伝えるようにしたり、相手がどうしてほしいと感じているかを聞き出したり、セックスに関する話題を避けずにコミュニケーションをとりましょう。

また、気持ち良かったことや心から楽しいと思えたことも前向きに伝えることで、パートナーも喜んでくれますよ♡

バリエーションを楽しむ

いつも同じようなセックスをしていると、セックスがただの行為になってしまい気持ち良いと感じるよりも時間が過ぎるのを待つなんてことも……。

そんなときは、いろいろな体位を試してみるのも◎

自分が気持ち良いと思える体位や、パートナーが好きな体位を試して刺激しあったり、アダルトグッズを使用したりしていつもと違うセックスを楽しんでみてください♡

セックスがマンネリしてしまうと2人の関係にも亀裂が入ってしまうことがあるので、家でのセックスは違う部屋で行ってみる、夜ではなく朝のセックスをしてみるなど、バリエーションを楽しむのがおすすめです。

ムードを大切にする

女性はセックスを楽しむ際にムードが重要!

部屋の照明をムードのよいキャンドルにしたり、お香を焚いたりしながらムードを高め、彼の気持ちも盛り上げてみましょう♡

男性はそこまでムードを大切にしないともいわれていますが、女性は雰囲気によってオーガズムの感じ方も大きく変わってきます。

女性がムードのある空間で性欲が増すことで、男性も高い快感を得られるセックスが楽しめます。

ムードつくりには、キスなどのスキンシップも重要です。女性から「セックスがしたい」という気持ちを伝える手段として、唇以外の首筋などにキスをしてムードをつくってみましょう。

セックスで心身ともに健康に♡

セックスで自律神経が整うのは本当なのか? セックスで得られる5つの効果、気持ち良いセックスをするためのポイントなどをご紹介しましたが、参考になりましたか?

セックスをすることで、自律神経を整え副交感神経が優位に働くことで、リラックス効果が生まれて心身ともに健康な状態に導くことができます。

また、自律神経が整う以外にも、セックスにはさまざまな効果があるということもわかっています。

とくに、エストロゲンが分泌されることで美肌になれる、キレイになれるという嬉しい効果もあり、週に1~2回のセックスをしているカップルは免疫力が高まるという研究結果も。

気持ち良いセックスをするポイントを参考に、パートナーとセックスを楽しんでくださいね♡

web edit/sweet web
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

LIFE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら