SWEET WEB.JP

【窪田正孝&宮沢りえ】2022年の注目映画『決戦は日曜日』出演の宮沢りえさんインタビューをお届け!

【窪田正孝&宮沢りえ】2022年の注目映画『決戦は日曜日』出演の宮沢りえさんインタビューをお届け!

宮沢りえさんが初めてコメディに挑戦。しかも、これまた初めての政治ネタ!  それが2022年1月7日公開になる映画『決戦は日曜日』です。宮沢さんが演じるのは、引退する大物政治家の娘で、父親の政治地盤を引き継ぐことになってしまった有美。

政治のいろはを全く知らずにその世界に飛び込むことになった彼女と、窪田正孝さん演じる秘書・谷村が彼女を必死に支えようとすればするほど事件が巻き起こる騒動を描いた作品!

――宮沢さんにとってコメディ、しかも政治家の役も初めてですよね。初めてとは思えない面白さでした。
宮沢りえ わぁ、嬉しい。この作品は、今まで自分がやったことのない役柄でしたから本当に嬉しいです。私、これまでコメディを任されることがなかったんですね。でも、そんな私にこの作品を持ってきてくれた監督には驚きましたし、素直にその気持ちが嬉しかったんです。それで台本を読んでみたら、自分にできるかどうかっていう前に、単純に本当に声出して笑っちゃうくらいすごく面白かったんですよ

――これまでコメディに挑戦してみたい、という気持ちはなかったんでしょうか?
宮沢りえ いえ、いつかはやってみたいと思ってました。これまでも演じたことがない役をやってみたい、という気持ちはいつもあります。たとえば『紙の月』。あれも私にそういう役の経歴はないものを任せようとしてくれました。それって私にとっても監督にとっても挑戦ですし、その挑戦は素直に受け止めたい、と思えるんですよね。

――坂下雄一郎監督とは初めてでしたが、いかがでした?
宮沢りえ 最初お会いしたとき、とても内向的で感情を表に出さない方なので、「もしかして人嫌い?」と思ってしまいました。でも、脚本を読んだら、人が好きで仕方ないってことがすぐに分かりました。それぞれのキャラクターが粒立っていて、誰一人として欠けちゃいけない存在に描ききれているんです。

――窪田正孝さんとの共演も初めてでしたが、いかがでした?
宮沢りえ 窪田さんはすごくどっしりしてるんですよ。私の方が現場で自由にやってるのを受け止めてくれる。客観的でそのシーンで行われてることを見逃さないっていう眼力がありました。有美さんは谷村くんに頼り切りでしたから(笑)。でもね、そういう骨太なところがあるのに、肌の色がとても白くて透けて見えちゃうんじゃない? ってくらいに透明感があるんですよ。そのギャップに驚きました。


政治劇だけど、小難しいことは一切ナッシング! しかも、選挙の裏側で起きてることを、監督が徹底リサーチして描いたので「マジであったかも……」と思わされちゃうゾワっと感もある、ブラックコメディです。ぜひ劇場へ!


『決戦は日曜日』

<story> ある地方都市の大物政治家・川島が病で引退。次の選挙のために、川島の娘・有美(宮沢)が出馬することになった。ところが彼女は政治にはド素人。川島の秘書・谷村(窪田)は自由奔放な有美に振り回され……。

監督:坂下雄一郎/出演:窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、小市慢太郎、音尾琢真 ほか /配給:クロックワークス/公開:2022年1月7日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
© 2021「決戦は日曜日」製作委員会

text_よしひろまさみち
edit_SWEET WEB
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
広告掲載はこちら
FOLLOW US
Instagram
広告掲載はこちら
PRIVACY POLICY