SWEET WEB.JP

【長谷川ミラ】古着を買うこと、リサイクルボックスを使うこと・・・ファッションでできるSDGsなアクションって?

【長谷川ミラ】古着を買うこと、リサイクルボックスを使うこと・・・ファッションでできるSDGsなアクションって?

地球のために、環境のために、そして自分や周りの大切な人のために。持続可能な世界のためにできることを、社会問題について発信するモデル・長谷川ミラちゃんと共に考えつづけるsweet。今回はsweetガールが愛してやまないファッションと共にできるサステナブルなTODOリストをいくつかピックアップしてみました!

TODO1:ヴィンテージを買ってみる

「サステナビリティが注目されるようになってから、古着の位置づけも変わりつつある気がします。抵抗がある人も多かったイメージですが、今や服の再利用という観点で注目されつつありますよね。逆に、汚れていないけどもう着ないという服を、古着屋さんに売るという方法もあります。まだまだ着られる服をごみにしないというのも、古着の醍醐味ですよね! 私の場合、SNSのストーリーなどに洋服の写真をポストして、欲しいと言ってくれた友人に譲ったりもしていますよ!」

ジャケット¥64,900※参考価格(リト ストラクチャー)、インナータンクトップ¥3,300(ジーナ トリコ/サスティナブル ケイスリー)、スカーフ¥14,300(スコッチ アンド ソーダ/コロネット)

ピアス¥6,050、パールネックレス¥8,910、スカーフ:左¥8,910 、右¥9,900(全てSLOW 表参道)

TODO2:サステナに力を入れているブランドの服を買う

「とはいっても流行に敏感なスウィートガール、古着だけを買い続けるのは無理な話……。トレンドアイテムや新品を買う場合は、最近だとリサイクル素材を使ったり、染料が植物由来だったり、サステナを意識しているブランドが増えてきているのでそういった商品を積極的に購入してみてはどうでしょうか?また、近ごろでは欲しい服を買う前に、きちんと価値があり持続可能かをチェックする若者が増えてきているそう。買うときの選択基準も大切ですが、着なくなってしまった後のことまで考えるという発想は素晴らしいと思います!」

野菜やお花など、植物由来の染料で染色することでエネルギー節約や節水に貢献する心躍るデニムコレクション。果物などのイラストをのせたスペシャルなレッドタブにキュン♡ イエローシャツ¥8,250、紫パンツ¥15,400、ピンクハーフパンツ¥8,800 (全てリーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)

TODO3:汚れた服は掃除のときの雑巾に活用

「着られなくなったからといって捨ててしまうという発想は、SDGsとは逆に向かう行為。こういうときはリメイクという方法もありなんじゃないかな ? 雑巾にして掃除に使うのはもちろん、環境に負担の少ない藍染などの染め粉で、自宅で染めてみたり! 自分で生まれ変わらせた服こそ愛着が湧くし、楽しんでこそサステナへのモチベーションも持続可能ですよね♡」

TODO:4着なくなった洋服は回収BOXへ持っていこう

「最終的に、古着屋さんで売れなかったり、友達も必要なければリサイクルボックスへ持って行くことが私は多いです。寄付することもできますが、発展途上国に送られた古着がブラックマーケットにつながり、結局ゴミになってしまっているという話もよく耳にするんです。アパレルブランドの回収ボックスなら、信頼度も高いし身近にお店があるからすぐに実践できると思います!」

どれも今すぐできる気軽なアクションばかり! ぜひやってみてくださいね。

model_MILA HASEGAWA
photo_YUJI WATANABE[Perle Management]
styling_AIKA FUKUSHIMA[LOVABLE]
hair&make-up_REI FUKUOKA[TRON]
text_ERI UMEDA
web edit_SWEET WEB
※スウィート2022年3月号より転載
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

FASHION 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら