SWEET WEB.JP

キャンプ初心者が揃えるべきオススメギア(キャンプ用品)&ショップをご紹介!

キャンプ初心者が揃えるべきオススメギア(キャンプ用品)&ショップをご紹介!

LIFE

キャンプ人気は高まるばかり。最近は新しいキャンプ場もたくさんオープンしているので、夏のイベントに計画をしているsweetガールも多いのでは?

キャンプを始めるときに揃えておきたいのが、「キャンプギア」と呼ばれるキャンプ用品たち。キャンプに欠かせない物から、あるとキャンプがもっと楽しくなるアイテムまでたくさんのキャンプギアがあります。

今回は、キャンプ初心者の人が揃えておきたい、オススメギアをご紹介! また、オススメのアウトドアショップも合わせてご紹介します。これからキャンプを始めようと考えている人は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。

初心者がキャンプ用品を買うときのコツ!

キャンプギア 初心者 おすすめ

キャンプ用品(キャンプギア)には数え切れないほどたくさんの種類があります。そのため、キャンプ初心者の人は「一体どれを買ったらいいの?」と迷ってしまうことも。

まずは、初心者がキャンプ用品を買うときのコツをチェックしてみましょう!

キャンプでやりたいことを決める

最初から全てのキャンプ用品を揃える必要はありません。まずは、「自分がキャンプでやりたいこと」を決めて、それに必要なアイテムを揃えていきましょう。

たとえば、テントや寝袋などは、宿泊をしないデイキャンプの場合はなくてもOKなものです。最初から全てを買い揃えようとすると「やっぱり必要なかった」と後悔したり、自分が欲しい機能を満たさないアイテムを選んでしまう可能性があります。

未経験なら、経験者とキャンプに行ってから買う

これまで一度もキャンプをしたことがない人は、経験者の人にキャンプに連れて行ってもらってからキャンプギアを購入するのがオススメ。

キャンプギアはお手入れや組み立てが難しいものもあるため、何も知らずに買うと失敗してしまう確率が高くなります。実際に使っているのを見れば、自分が使うときの参考にもできますよ。

家にあるもので代用する

わざわざ新しいキャンプギアを買わなくても、家にあるもので代用できることも。たとえば、キャンプで食事を作りたいと考えている場合、家にあるカセットコンロとボンベ、フライパンやカトラリー一式でも十分。

夏場のキャンプであれば、シュラフ(寝袋)も家にあるブランケットなどで代用できるので、考え過ぎず、キャンプに挑戦してみましょう!

キャンプ初心者が揃えるべきオススメギア(キャンプ用品)

ここからは、キャンプ初心者が揃えるべきオススメギア(キャンプ用品)をご紹介します。

デイキャンプの場合と宿泊するキャンプの場合で分けてご紹介するので、自分のやりたいキャンプに必要そうな道具を見極めてみてください!

デイキャンプで揃えたいキャンプギア

デイキャンプとは、日帰りで行くキャンプのこと。宿泊する場合に比べて必要な荷物が少なく済み、ワンデイでもアウトドアの開放感を味わえるのがデイキャンプの魅力です。

チェア

キャンプギア 初心者 おすすめ

キャンプに欠かせないのが、ゆったりとくつろげるチェアです。アウトドアの折りたたみチェアにはサイズや形が豊富。

座ったときの角度や安定感も製品によって違うので、チェアにこだわる人はネットショップではなく実際にお店に足を運んで座り心地をチェックするのがオススメです。

最近のソロキャンプではローチェアが多いですが、テーブルの高さや自分の好みに合わせて選んでもいいでしょう。

テーブル

キャンプギア 初心者 おすすめ

食べ物や飲み物、ランタンやスマホなど小物を置くためのテーブルもキャンプには欠かせません。テーブルは、チェアの高さに合わせたものを選ぶのがポイント。

ソロキャンプ用の小さいテーブル、ファミリー用の大きいテーブルなど大きさが色々あり、機能や材質にも違いがあります。軽量やデザイン性の高いものは少し高くなることもあるようです。

タープ

キャンプギア 初心者 おすすめ

日差しの強い日のキャンプや、平原など日陰のない場所でのキャンプで活躍するのが、タープです。直射日光や突然の雨から身を守ってくれます。

また、低めにセッティングして周囲との仕切りを作れば、プライベートな空間のようにする効果も。安価なタープは遮光性や耐水性に問題があるケースもみられるため、5,000円〜10,000円程度の商品を選ぶといいでしょう。

タープを設置する場合、ポールを準備するのを忘れずに。中にはタープとポールがセットになった商品もあります。

クッカー・コッヘル

キャンプギア 初心者 おすすめ

お家にあるお鍋やフライパンでも十分ですが、あるとキャンプ気分がぐっと上がるのがクッカーやコッヘルなどの調理器具。

キャンプ用の調理器具はスタッキングしてコンパクトに持ち運びできることがポイントです。メーカーによって微妙にサイズ感が違うので、スタッキングしたい場合は大きさにも注意して選びましょう。

クッカーやコッヘルにも様々な材質のものがありますが、初心者にオススメなのは安く手に入るアルミ製のアイテム。強度は弱いものの、軽くて熱伝導もいいので、素早く調理可能です。ただし、焦げやすいので注意しましょう。

ラーメンなどを作りたい場合は、ポットがあると便利です。アルミ製の飯盒であるメスティンは、今はダイソーなどの100円ショップでも売られています。

カトラリー、ナイフ、まな板など

キャンプギア 初心者 おすすめ

初めてのキャンプは、火を使って沸かしたお湯でカップラーメンを食べるだけでも十分アウトドア気分が味わえますが、ひと手間かけたキャンプ飯を作りたい人はカトラリーやまな板、ナイフ(包丁)などを用意しましょう。

ナイフとまな板を用意するのが手間という人は、キッチンバサミが手軽で便利です。スプーンやフォークは落としても割れない材質のものを用意しましょう。

バーナー・コンロ

キャンプギア 初心者 おすすめ

調理をしたいのであれば、バーナーやコンロは欠かせません。家にあるカセットコンロでも代用OKですが、火力が足りなかったり、風に弱いこともあるため、風防板(ウインドスクリーン)を用意しておくと便利。

ガスボンベ・ガソリン・アルコール・炭・薪などの燃料の中でも、使いやすいのが家庭用ガス缶(CB缶)。バーナーやコンロも様々な形状のものがあるので、いくつか比較してみるのがオススメです。

焚き火台

キャンプギア 初心者 おすすめ

キャンプの醍醐味といえば、焚き火! 焚き火をしたいのであれば、焚き火台を用意しましょう。

中には地面にそのまま薪を組んで焚き火ができる直火OKなところもありますが、多くの施設では直火NG。焚き火台を用意しておくと安心です。

焚き火台も大きさが様々で、ソロキャンプ用の物はコンパクトに作られています。形状やデザインもメーカーによって異なるため、いくつかチェックしてみて、気に入る物を選びましょう。

宿泊をする場合に揃えたいキャンプギア

日帰りではなく、宿泊する場合にはテントやマット、シュラフ(寝袋)などを用意しましょう。

テント

キャンプギア 初心者 おすすめ

キャンプをやるならぜひ挑戦したい、テント泊。快適なテント泊をするためには、「キャンプに泊まる人数+1名分以上」の大きさのテントを準備するのがポイント。小さ過ぎると、かなり窮屈になってしまうため注意しましょう。

テントは設営する必要があり、初めてのときは1時間以上かかってしまうことも。ワンタッチで設営できるタイプもあるので、設営のことも考えて選びましょう。

マット・コット

キャンプギア 初心者 おすすめ

マットはテントの中に敷く物、コットは組み立て式の簡易ベッドのことです。地面の石や砂利がゴツゴツしているとゆっくり眠れないので、安眠のためにも重要なアイテムです。

テントの中に入らないと意味がないので、テントのサイズも考えて購入しましょう。

シュラフ(寝袋)

キャンプギア 初心者 おすすめ

シュラフは、季節や場所に合わせたものを用意することが大切です。初心者の場合、丸洗いできる化学繊維のシュラフを選ぶと、気軽に使えるのでオススメ。

標高の高い高地でキャンプをする場合、夏場でも涼しいので5℃~10℃に対応したものを選びましょう。

ランタン(ライト)

キャンプギア 初心者 おすすめ

夜は真っ暗になるため、ランタン(ライト)は夜キャンプの必須アイテム。キャンプに慣れた人たちに人気なのは明るいガソリンランタンですが、使い方やメンテナンスが複雑です。

初心者の人は、ボタンひとつでつけたり消したりできるLEDランタンが安全で便利。スマートフォンのライトのみでは十分な明るさを確保できないので、ランタンを用意しましょう。

あったらもっとキャンプが楽しめるキャンプギア

なくてもいいけど、あったらもっとキャンプが楽しめるグッズもたくさんあります!

コーヒーグッズ&マグカップ

キャンプギア 初心者 おすすめ

清々しい大自然の空気の中で飲むコーヒーは格別ですよね。インスタントコーヒーやドリップパックのコーヒーも美味しいですが、挽きたてにこだわるのもオススメ。

コンパクトコーヒーミルやケトル、コーヒーバネット(コーヒードリッパー)、フィルター、マグカップを用意すれば淹れたてのコーヒーの香りを楽しめます。

ホットサンドメーカー

キャンプギア 初心者 おすすめ

食事からデザートまで作れるホットサンドメーカーも、あったら嬉しいキャンプギア。

ホットサンドはもちろん、肉まんやメロンパンをこんがり焼いたり、ホットケーキ、じゃがいものガレット、焼きおにぎりも焼けます。肉や魚、野菜をそのまま焼いてもOK。

ホットサンドメーカーは家でも使えて、レシピなどもたくさん公開されているのでオススメのアイテムです。

初心者にオススメのアウトドアショップならここ!

アウトドアグッズは実際に自分の目で見て選びたい! という人は、アウトドアショップに足を運んでみましょう。サイズ感などをチェックでき、チェアなら座り心地も確かめられるため、自分の気に入ったキャンプギアがゲットできますよ。

Alpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)

キャンプギア一式を一つのお店で買い揃えたいという人は、国内最大級の超大型アウトドアショップ「Alpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)」がオススメ。

中でも千葉県柏市にあるAlpenOutdoors FlagshipStore(アルペンアウトドアーズフラッグシップストア)は2300坪の売り場、450ブランド、商品点数10万点と圧倒的な品揃え。豊富な商品の中から、お気に入りを見つけてみましょう。

【公式ホームページ店舗情報】https://store.alpen-group.jp/outdoors/overview/about/

好日山荘(こうじつさんそう)

好日山荘(こうじつさんそう)は、1924年創業の老舗登山用品店。アウトドア好きの人で知らない人はいないほど有名なお店で、全国に70店舗ほどあります。(フランチャイズ店やECサイトなどを含め)

キャンプギアの他にもトレッキングやハイキングのためのウェアやシューズも取り扱っていて、多くの商品が割り引かれているため、キャンプギアをお得にゲットしたい人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【公式ホームページ店舗情報】https://www.kojitusanso.jp/shop/

ギアを揃えてキャンプを楽しもう!

キャンプギアは、キャンプには欠かせない大切なお供! 大切に使い込むほどに味が出て、愛着が湧いてくるはずですよ。ぜひ自分にぴったりのキャンプギアをゲットして、キャンプを楽しんでみてください♡

【関連記事】

オススメのグランピング&キャンプ場5選! おしゃれにアウトドアで大自然を満喫♡

アウトドアも可愛く快適に♡ 話題のグランピング施設をご紹介

アーバンリサーチのキャンプ施設「TINY GARDEN蓼科」 お泊りデートにも女子旅にも◎

web edit_SWEET WEB
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

LIFE

LIFE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら