SWEET WEB.JP

【COOL派 堀田茜】vs【GIRLY派 八木アリサ】NEOトラッドなシャツスタイル

【COOL派 堀田茜】vs【GIRLY派 八木アリサ】NEOトラッドなシャツスタイル

トラッドに欠かせないシャツ。スタイリングの邪魔をしないシンプルさゆえに、自分のなりたいイメージでデザインを選ぶと吉。甘さが欲しいならふんわりブラウス、ハンサムを目指すなら硬派なまじめなシャツと“好き”を基準にチョイスして!


GIRLY派  八木アリサは
デザインシャツ

透けて揺れるラッフル袖で
定番デニムに色気を添えて♡

ブラウス¥30,800(COEL)、デニムパンツ¥14,850(RANDEBOO)、インナーはスタイリスト私物

首まわりを包み込んでくれるフリルのスタンドカラーにビッグサイズのボウタイ。ドラマティックなディテールをデニムでカジュアルダウンする常套手段。ブラウスの透け素材で軽妙に見せて。

ビッグカラーにショート丈
計算高くアンバランス

ブラウス¥17,380(アダムエ ロペ/ジュンカスタマーセンター)、カーディガン¥6,930(レディアゼル/レディアゼル ルミネエスト新宿店)、スカート¥1,899(GRL)、バッグ¥15,400(AULENTTI/U by SPICK&SPAN ルミネ新宿店)、ハイソックス¥1,650(Tabio)、シューズ¥9,900(CHARLES & KEITH / CHARLES & KEITH JAPAN)

極端に短いカーディガンに片方だけインしたブラウスの丈、そこにミニスカートも加わったレングスの遊びが新鮮。大きな襟が小顔効果も。

トレンチ風ドレスから流れる
ボウタイブラウスの清涼感

ボウタイブラウス¥17,600(CASA FLINE/CASA FLINE表参道本店)、トレンチ風ノースリーブドレス¥17,600(SNIDEL/SNIDEL ルミネ新宿2店)、ブーツ※参考商品(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

白みがかった淡いブルーが、正統派なトレンチ風ドレスに透明感を与えてくれるだけでなく、とろりとしたブラウスの質感で親しみやすい印象へとアップデート。素材はゆるやかながら、スタンドカラーのきちんと感でドレスのテンションもハズさない。

from Stylist 遠島有子さん
とろみ素材など、柔らかさのあるブラウスがガーリー派向き。さらにボウタイやビッグカラーだとより今の空気感が出せます。今季ホットなショート丈カーデやトレンチドレスなどとも相性バッチリ!


COOL派  堀田茜は
シンプルシャツ

紳士なシャツが小粋に仕上がる
ハイウエスト切り替え

ショート丈シャツ¥4,790(ZARA/ザラ カスタマーサービス)、タートルネックトップス¥11,000(CASA FLINE / CASA FLINE表参道本店)、ワイドパンツ¥62,700(バイマレーネ ビルガー/S&T)、バッグ¥ 31,900(ANTEPRIMA/WIREBAG / ANTEPRIMA JAPAN)、ブーツ¥29,700(ダイアナ/ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

ロング丈をルーズに着るのが主流だったシャツとワイドパンツの組み合わせ。いさぎよくハイウエスト位置で切り替えると、クラシカルな上品さが。

メンズライクな白シャツに
小さなリボンで可愛げを

リボンシャツ¥52,800(PALETTE/TOMORROWLAND)、ベスト¥2,199(WEGO)、ミニスカート¥8,800(ダーリッチ)、メガネ¥19,800(THEBEDFORD HOTEL/M.K.LAB)、イヤーカフ¥14,300(ReFaire/warmth ルミネ新宿店)、ブーツ¥44,000(SOL SANA/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

ニットベストとミニスカートのスクールっぽさを、モノトーンでまとめてかっこよく! ブーツはゴツめのほうがトラッドな印象。

ピンクニットの発色で
まじめなシャツの気分を上げて

ストライプシャツ¥15,400(CB CRESTBRIDGE/SANYOSHOKAI カスタマーサポート)、肩に掛けたニット¥24,200(JILLSTUART/JILLSTUARTルミネ新宿店)、スカート¥15,180(SeaRoomlynn)、ピアス¥16,500(ベベット/ロードス)

コンサバなイメージのブルーストライプシャツは、少し余白のあるサイズが堅苦しく見えないコツ。タイトスカートで知的なトラッドを目指しつつ、高発色なピンクニットを肩に掛けておしゃれの楽しみは忘れない!

from Stylist 遠島有子さん
クール派のシャツは背筋が伸びる正統派をベースにセレクト。ジャストサイズより、ややゆったりとしたフォルムやショート丈など、無難にならないサイズ感を選ぶだけでもトラッドのアップデートに。

photo_KISSHOMARU SHIMAMURA(model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling_YUKO YOSHIMA
hair&make-up_MAYUKO SHIROUZU
model_AKANE HOTTA, ALISSA YAGI
text_ERI UMEDA
web edit_SWEETWEB
※記事の内容はスウィート2022年11月号のものになります。記載されている商品は販売終了している可能性があります。予めご了承ください。
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

FASHION 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら