SWEET WEB.JP

『キャシアン・アンドー』年始にオススメのサブスク3選を紹介!

『キャシアン・アンドー』年始にオススメのサブスク3選を紹介!

Andor
Disney+ 『キャシアン・アンド―』


主人公は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)に登場した戦士たちのひとり、冷静沈着なスパイ将校のキャシアン・アンドー。『ローグ・ワン〜』の5年前、帝国軍に支配された時代に、彼はどうやって反乱軍の英雄になったのか。反乱軍誕生の秘話が明かされるスピンオフドラマシリーズが始まっている。

序盤では新しい星が登場し、薄汚れた街の中をお尋ね者のキャシアンが全力で逃げ回る。

『ローグ・ワン〜』では規則を守ることに重きを置くタイプだった彼が、本作シーズン1ではまだ無鉄砲で自分勝手な印象。

彼の過去だけでなく、圧政を強める帝国に抗う市井の人々や反乱勢力、帝国側の中間管理職まで、様々な立場のキャラクターの目線も丁寧に描かれる。

そこには、ギャラクシーで生きる人々の生活感や家族ドラマがあり、リアリティと人間味が満載。フォースやライトセーバーがなくとも、アクションはスリリングでハラハラさせられる見せ場が多い。

全編がドラマシリーズ以上のクオリティで見応えはたっぷり。そしてなにより、機転が利き度胸があり女にモテるキャシアンが悪かっこいい!

銀河に住む普通の人々反乱軍の戦士ソウ・ゲレラや反乱軍の女性リーダー、モン・モスマ議員など、シリーズですでに知られるキャラの他、多くの新キャラが登場する本作。キャシアンを取り逃がし仕事をクビになったド真面目エリート、シリル・カーンや、たたき上げの執念深いキャリアウーマン、デドラ・ミーロなどのキモキャラからは、帝国軍の組織の内情が垣間見える。同性愛の女戦士カップルや、キャシアンと仲よしの人なつこいおんぼろドロイド(ロボット)も登場。これは、敵味方関係なく、普通の人々をクローズアップしたこれまでにないスター・ウォーズなのだ。

『キャシアン・アンドー』
story:キャシアン・アンドー(D・ルナ)は、些細な揉めごとから帝国系企業社員2人を殺害し指名手配される。潜伏先の星で追われる彼を、謎の“買い取り屋”(S・スカルスガルド)や養母マーヴァ(F・ショウ)ほか市井の人々が救う。
監督:トニー・ギルロイ/出演:ディエゴ・ルナ、ステラン・スカルスガ
ルド ほか/ディズニープラスにて独占配信中

TM&© Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

NETFLIX 『ザ・ウォッチャー』


夢のマイホーム、豪邸に浮かれる家族を苛む不吉な手紙や奇妙な隣人。続々と起こる不気味な出来事にジワジワ怖くなる実話ベースのコメディタッチスリラー。犯人候補が転々と変わっていく脚本が鮮やかで、飽きない展開が秀逸。
原作・制作:ライアン・マーフィー、イアン・ブレナン/出演:ナオミ・ワッツ、ボビー・カナヴェイル ほか/Netflixにて独占配信中

© Netflix

NETFLIX 『グッド・ナース』


患者の度重なる不可解な死に疑念を持った看護師が暴く連続殺人事件で、医療業界の闇をも炙り出す医療サスペンス。実話に基づく衝撃の物語はホラーモノより怖いスリル感。J・チャステイン&E・レッドメインというオスカー俳優の競演が重厚。
監督:トビアス・リンホルム/出演:ジェシカ・チャステイン、エディ・レッドメイン ほか/Netflixにて独占配信中

© Netflix
text_HAZUKI TOGO
web edit_KAREN MIYAZAKI[SWEET WEB]
※記事の内容はsweet2023年1月号のものになります
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら