SWEET WEB.JP

こじはるもジュリアナも夢中!?sweetガールおすすめのHIP HOPミュージック

こじはるもジュリアナも夢中!?sweetガールおすすめのHIP HOPミュージック

CULTURE

いまHIP HOPカルチャーは、おしゃれ感度の高いsweet読者にとって、避けて通れないムーブメント!ラップはハードル高そうって気おくれしてる初心者ガールズに、ラップ好き4人がセレクトしたバラエティ豊かな楽曲をご紹介!


《01》タレント・モデル 小嶋陽菜さん


気分を上げるときに聴く!男前セレクトに萌え♡
意外にもHIP HOP歴が長い小嶋さん。ご本人のキャラと骨太なセレクトとのギャップが◎。
「小学生のときにウィル・スミスのアルバムを聴いたのがきっかけでHIP HOPに興味を持ったんです。ダンスを習いに行ったりもしたんですよ(笑)。ケンドリックはファッションもメッセージも全て好き!昨年のコーチェラもフジロックもほぼケンドリックを観るために行きました。21 サヴェージはアルバム『i am > i was』の『a lot』が特に好み。上がるけどリラックス感もあります。最近フリースタイルダンジョンをよく観ているので『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』を聴き返したりも」

『DAMN.』Kendrick Lamar(INTERSCOPE RECORDS)

『i am > i was』21 Savage(Slaughter Gang,LLC)

《02》モデル 湊ジュリアナさん


歌を楽しむ感覚で好みの音を見つけて!
DJとしても活躍するジュリアナさん。
「HIP HOPとの出会いは16歳。好きな人の影響で聴き始めました(笑)。今でも2000年~2005年くらいの楽曲は好きだな。FAT JOEの『Lean Back』とかギャングスタな感じがいいよね~。HIP HOPはゆったり気持ちいいモノからノリのよいモノ、ゴリゴリなモノもあって楽しいよね~。聴きやすいR&B的なモノも含めて歌と音を楽しむ感覚でみんなに聴いてほしい! キーシャ・コールはどれも好きだけど『TAKE ME AWAY』はメイクしながらノリノリで聴きたい!H.E.R.とザ・ウィークエンドは声が好き。Chillなときにオススメだよ」

『Starboy』THE WEEKND(Republic Records)

『Calling All Hearts』Keyshia Cole(Geffen Records)

『I Used to Know Her:Part 2』H.E.R.(RCA Records)

《03》アーティスト ちゃんみなさん


実力派次世代ラッパーの最近のお気に入り☆
日本語、韓国語、英語を自在に操り、20歳という若さながら実力派ラッパーとして活躍するちゃんみなさんが、sweet読者にオススメしてくれたのはこの3枚。
「アリアナの『Dangerous Woman』は、ニッキー・ミナージュやリル・ウェインなどポピュラーなラッパーが参加してます。ジェイ・パークは甘い声で聴きやすい!『All I Wanna Do(feat.Hoody & Loco)』という曲が特にオススメ。DPR LIVEはおしゃれで、聴いていて本当に耳が幸せ(笑)。コアなイメージだけど、リズムもメロディーも全て面白くって気づいたらハマっていると思います」

『Dangerous Woman』Ariana Grande(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

『Everything You Wanted』JAY PARK(AOMG)

『Coming to You Live』 DPR LIVE(UNIVERSAL MUSIC KOREA)


《ちゃんみなさん Information》
日英韓の3カ国語で歌唱した初のCDシングル「I’m a Pop」¥1,300(WARNER MUSIC JAPAN)が発売中。ワンマンライブ「THE PRINCESS PROJECT 3」(3月17日 大阪・Zepp Namba、3月29日 東京・Zepp Tokyo)のチケットも一般発売中!詳細はオフィシャルサイトをチェック。


《04》スタイリスト 遠島有子さん


ストリートを感じるセレクトは聴き心地のよさがポイント
ストリートでモードなスタイリングで本誌でも活躍中の人気スタイリストの遠島有子さん。
「ア・トライブ・コールド・クエストからHIP HOPにハマり、最近は日本語ラップに夢中です♡例えば板橋区出身のPUNPEEとS.L.A.C.K.とGAPPERの3人のユニットのPSG。ゆる~い雰囲気が心地いいです。3~7曲目までは超人気曲なので必聴!KID FRESINOの『ai qing』は旬のアーティストを客演に迎えていて“今”が詰まっているアルバム。『LOVEBUM』はLOVEがテーマの捨て曲ナシの1枚。特に『Fallin’』のトラックの秀逸さにはうっとりです」

『David』PSG(FILE RECORDS INC.)

『ai qing』KID FRESINO(Dogear Records)

『LOVEBUM』BASI(BASIC MUSIC)

『THE LOW END THEORY』A Tribe Called Quest(Ariola Japan)
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
edit_RISA SATO[vivace], FASHION BOX
(sweet2019年3月号)

【SWEET WEBの注目記事】
初登場!DJもこなすモデル「きなり」
ガガ様、スッピン披露!『アリー/スター誕生』
安室さんのラストシューティング♡

音楽
の記事もチェック♡

CULTURE

RANKING

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
FOLLOW US
Instagram
PRIVACY POLICY