SWEET WEB.JP

“フツウの家族”って何?心が揺さぶられるLGBT映画

“フツウの家族”って何?心が揺さぶられるLGBT映画

CULTURE

『sweet』の映画批評でおなじみのよしひろまさみちさんによるモロモロカルチャーニュース! とかく何かと枠にはめたがる人が多い昨今だけど、人がそれぞれ違うのと同じで、家族も人の数だけそれぞれのかたちがあるし、どこも違うのがいいことなのよね〜。令和の時代になったんだから、家族観もアップデートしないとNE! ということで、今回は家族観をテーマにした映画をご紹介。

元ユーチューバーが監督! SNS世代の青春映画がほろ苦い


【news 1】赤ちゃんは誰の子?ミレニアム世代のLGBT映画

まずは『バオバオ フツウの家族』。子どもが欲しいレズビアンカップルとゲイカップルが手を組んで、妊活をするお話よ。これ、5月に同性婚がOKになったことでも話題の台湾で作られたのが意義深いのよね〜。台湾でもやはり偏見を持つ人もいるから、舞台はロンドンと台湾の2カ所にしているし、LGBTっていうとすぐにゲイものに走りがちな映画界において、レズビアンカップルとゲイカップルの両方を描いているってのも斬新。マイノリティがどういう家族観を持っているか、ってことを学べるわよん。

16回の脱獄⁉︎実在したトンデモ爺さんの犯罪録ムービー

**********

『バオバオ フツウの家族』

story:ロンドンで暮らすジョアン(K・ファンルー)とシンディ(E・レイズ)、チャールズ(蔭山征彦)とティム(T・リーユン)の2組の同性カップルは、4人で協力して妊活をスタート。妊活は成功するが、シンディは不安を抱いて台湾に帰国してしまい……。

監督:シエ・グアンチェン
出演:エミー・レイズ、クー・ファンルー、蔭山征彦、ツァイ・リーユンほか
配給:オンリー・ハーツ、GOLD FINGER

© Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.

【news 2】少しヘンテコだけど優しい家族愛に溢れた映画

もう一本は『おいしい家族』。東京でブイブイ言わせてる女子がお母さんの三回忌のために帰省したら、父が母になり、しかも新しいパートナー(高校生の娘つき)がいて……っていうお話。これ、監督が作った短編映画がもとになった作品なんだけど、監督曰く「これが私の理想のオアシス」と言ってるとおり、すごく愛に溢れてる作品なの。ほら、実家にたまに帰ったら、親が新しいこと始めて「はぁ?」ってことってあるじゃない。でも、親には親の事情があるわけだし、子どもがとやかく言うのは違うと思うのよね。しかも、この映画では、父の変化に対して町の人々は受け入れているもんだから、主人公の女子、大混乱。気持ちは分かる、うん。設定はエキセントリックかもしれないけど、絶対に共感できるはずよ。

こんな遠距離恋愛アリ!?深海⇔紛争地のサスペンス映画

**********

『おいしい家族』

story:銀座で美容部員をしている橙花(松本穂香)は、母親の三回忌のために実家のある離島へ里帰り。すると、実家には見知らぬ男とその娘が居候しており、おまけに父は母の服を着て生活していた。父は「彼と家族になる」と橙花に告白する。

監督:ふくだももこ
出演:松本穂香、板尾創路、浜野謙太、モトーラ世理奈ほか
配給:日活

© 2019「おいしい家族」製作委員会
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
web編_FASHION BOX、石川聡子[vivace]
sweet 2019年10月号

【いま読まれている人気記事】
タピオカ女子の裏の顔。本当の推しスイーツは?[常滑川マリカの日常]
アノ記者会見の裏事情!芸能界・光と闇[常滑川マリカの日常]
切ない……便利さと引き換えに失ったアレ[常滑川マリカの日常]
辛酸なめ子が電車で目撃!レジ袋から見えるアレにザワつく……
シングルも既婚者も貯蓄できる!お金が貯まる2つのワザ
【心臓血管外科のスーパードクターが実践している秘密の健康法】マネできる5つの習慣

CULTURE

RANKING

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
FOLLOW US
Instagram
PRIVACY POLICY