SWEET WEB.JP

【ネイティブ英会話】”Should”を使いこなして英語上級者に!

【ネイティブ英会話】”Should”を使いこなして英語上級者に!

【ハワイのマキさんが教えるGirl’s English】

ハワイのマキさんが外国人とのコミュニケーションやSNSですぐ使いたくなるおしゃれ&可愛い英語をレクチャー。今回は使いこなせると英語がグンと上達する、助動詞shouldの使い方をお教えします!


Shouldを使いこなせば英語上級者!

ALOHA! ハワイのマキ・コニクソンです。自粛続きで節目の行事ができず、気持ちの切り替えがなかなか難しいと思いますが、日常の中のちょっとした変化を感じて、生活にメリハリをつけていくのが大事。お互い思いやりの心を持ってハッピーに過ごしまし ょうね!

さて、今月はネイティブが日常会話で最もよく使う助動詞のひとつ “should”をマスターしましょう。日本語では「〜すべきだ」と習いますが、「〜したほうがいいよ(しなさいよ)」というニュアンスでも使われます。同じ助動詞“must(〜しなければならない)”のような命令的な意味合いはなく、もう少しソフトな表現になります。

“You should go home.(家に帰ったほうがいいよ)“”You should study.(勉強したほうがいいよ)”など、どんな相手にも使えて応用がきくので、練習してぜひ覚えておきまし ょう。


さっそく練習してみよう!

You should aporigize to your boyfriend.
(彼にごめんなさいって言うべきだよ。)

What should I do?
(私はどうしたらいい?)

“Shoul I〜?(私は〜すべき?)”は相手にアドバイスを求めるときに使える便利なフレーズ。例文のように、5W1H(Whenいつ,whereどこで,Who誰が,What何を,Whyなぜ,Howどのように)を頭につけて疑問形でもよく使われますよ。

It should be no problem.
(そのはずだよ。)

“should”には「〜すべき」以外に「〜のはず」という意味もあります。実はこの表現はとてもポピュラーで、後ろに形容詞をつけて“It should be fun(楽しいはずだよ).” “It should be OK(大丈夫なはずだよ).”のように応用できます。


【Column】英語ツウになれるフレーズを練習しよう

「最高!」という英語に
“spectacular!”を使うと
英語ツウに思われる!

「最高だね!」を表す感嘆の言葉として日本人になじみがあるのは“Wonderful!”や“Amazing!” “Fantastic!”などだと思いますが、バリエーションとして覚えておきたいのが“Spectacular!”。「素晴らしい!」を表す最上級の表現で、日常会話に取り入れていると相手に英語ツウだと思われるはず。


教えてくれたのは……

maki konikson


ハワイを拠点に世界中を飛び回るコーディネーター&プロデューサー。

edit_KAORI SUTO
(sweet 2021年5月号)
web edit_ASUKA CHIDA
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
広告掲載はこちら
FOLLOW US
Instagram
広告掲載はこちら
PRIVACY POLICY