SWEET WEB.JP

堀田 茜さんが選ぶ、「雨の日のおうち時間に聴きたい チルアウトできる曲」 6選【今月のプレイリスト】

堀田 茜さんが選ぶ、「雨の日のおうち時間に聴きたい チルアウトできる曲」 6選【今月のプレイリスト】

今回は、女優・モデルと幅広いジャンルで活躍中の堀田 茜さんが登場。梅雨の時期にゆったりと聴きたい、とっておきの6曲をお届け。ぜひマイライブラリに追加してね!

Selector堀田 茜さん

今月は巻頭特集にも登場している女優・モデルの堀田茜さんがセレクター!「この時期は湿気でじめじめしていたり雨の日には外に出れなかったりと、家の中でのリラックス時間が大切。Netflixや本を読んだりするのもいいですが、たまには目を瞑って何もせず、音楽だけを聴く時間にしてほしいときのプレイリストです!」Instagram @akanehotta

©️ 寺田茉布(LOVABLE)

奇蹟のランデヴー MIRACLE OF RENDEZ-VOUS /INO hidefumi

アルバム『SONG ALBUM』INO hidefumi 収録 イノセントレコード(2018年/デジタル配信中)

エレクトリック・ピアノの名機フェンダー・ローズ使いの名手、INO hidefumi(猪野秀史)が初めてトライした全曲ボーカルアルバム。70 年代の空気感をまとった音とアーバンブルースな言葉との拮抗がいい。「最近一番ハマっているアーティスト! 包容力のあるサウンドとどこか懐かしい声が素敵」


苺/yonawo

EP『Prescribing The…』yonawo(ヨナヲ) 収録 ワーナーミュージック・ジャパン(2022年/デジタル配信中)

yonawo による初のコンセプトEP『Prescribing The…』の冒頭を飾る楽曲。テーマでもある“ベッドタイムサウンド”を見事に具現化したようなサウンドがどこまでも心地よく響く。「yonawo さんらしいメロウなサウンドで、聴いているうちに寝てしまいそうなくらい癒やされる」


接吻/Original Love, Ovall

アルバム『What a Wonderful World with Original Love?』V.A. 収録 ビクターエンタテインメント(2021年/デジタル配信中)

Original Love のデビュー30 周年を記念してリリースされた公式カバーアルバムの中でも一際輝いていた、Ovall とのコラボ作。メロウ&スムースなナンバーに。「Ovall さんとのJazz アレンジがおしゃれでまったく古びない、『接吻』という名曲のすごさを思い知らされます!」


Skyline/FKJ
スカイライン/ FKJ

アルバム『フレンチ・キウイ・ジュース』FKJ 収録 ロッシュ・ミュージック(2017年/デジタル配信中)

フランスの天才マルチ奏者、フレンチ・キウイ・ジュースことFKJの世界を激震させたデビューアルバム収録曲。ナイーブでセクシーに揺れるグルーヴ、ネオソウル的なアプローチと完璧。「FKJのウユニ塩湖でのライブ映像がとても美しくて素晴らしいので、ライブ映像も併せて見てほしい!」


It Runs Through Me(feat. De La Soul)/Tom Misch, De La Soul
イット・ランズ・スルー・ミー/トム・ミッシュ、デ・ラ・ソウル

アルバム『ジオグラフィー』トム・ミッシュ 収録 ビート・レコーズ(2018年/デジタル配信中)

洒脱なサウンドと美声で音楽好きを虜にするトム・ミッシュ。世界が恋したデビューアルバムから、ヒップホップレジェンドのデ・ラ・ソウルを迎えたクールなジャジーチューン。「美しい歌声とギターの音色に癒やされます。ずっと大好きなアーティストです」


NIA/中村佳穂

アルバム『NIA』中村佳穂 収録 スペースシャワーミュージック(2022年/デジタル配信中)

今大注目の女性シンガーソングライター。今春にリリースされたばかりのニューアルバムから表題曲をピックアップ。ピアノの弾き語りを軸にした、万華鏡のような怒涛の構成にしびれます。「新しいアルバムの中で一番好きな曲。パワーのある歌声で前向きになれる一曲」


今すぐマイライブラリに追加しよう!

text_TAKAHIRO ONO
edit_SANA FUJIHARA[SWEET WEB]
※sweet2022年7月号より転載しています
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら