SWEET WEB.JP

年齢相応の服装に悩んでいる人へ。【映画ライターよしひろまさみちのコレ観てスッキリしなさいよ! 】

年齢相応の服装に悩んでいる人へ。【映画ライターよしひろまさみちのコレ観てスッキリしなさいよ! 】

映画ライターよしひろまさみちの「コレ観てスッキリしなさいよ!」

皆さんのお悩みに映像作品でお答え♡ 今回はグループチャットに悩む人へオススメの映画を紹介!
お悩みはInstagramをフォローの上、DMから募集中~。@sweetcultureyoshihiro


≪お悩み≫
20代に人気の洋服を愛用している三十路ってヤバいですか?
(32歳・東京・Sさん)

結論からいうと、似合っていれば全然ヤバくないです。好きなものに囲まれていることによって、その人らしくいられるもんですから。

ただ「似合う」かどうか客観視できる審美眼を持ち続けることは大事です。ほら、20代以上が学生服を着るとコスプレ感が出るでしょ。そこまでいかないまでも、年齢相応の服装とTPOをきちんと客観視していないと、ただの若作り。

20代に人気のお洋服を、そのターゲット層同様に全部取り入れるのではなく、ファッションを楽しむアイテムの一部としてコーデするなら全然アリでしょう。では、ヤバい例を『プロミシング・ヤング・ウーマン』で確認して。

キャリー・マリガン演じるキャシーは、7年前の恨みを晴らすために夜な夜なクズ男どもを成敗しているアラサー女子。

その夜の戦闘服が……どれも似合ってないのがポイント。いや、クズ男ホイホイ化してるし可愛いんだけど、その可愛さが狂気に見えちゃう。7年前で時計の針を止めており、客観視してないという好例です。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』
DVD・Blu-ray発売中、Amazon Prime Videoほかにて配信中

■プロフィール
よしひろまさみち

『スウィート』のカルチャーページでもおなじみの映画ライター・編集者。日本テレビ系『スッキリ』ではレギュラーで映画紹介を務める。

text_MASAMICHI YOSHIHIRO
illustration_KURO NOHARA
web edit_KAREN MIYAZAKI[SWEET WEB]
※記事の内容はsweet2022年9月号のものになります
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

広告掲載はこちら