SWEET WEB.JP

[イケてる英語]「〜になる」は“become”より○○を使うとCOOL!

[イケてる英語]「〜になる」は“become”より○○を使うとCOOL!

CULTURE

ハワイのマキさんが教える【Maki’s Girls English】
ハワイのマキさんが外国人とのコミュニケーションやSNSですぐ使いたくなるおしゃれ&可愛い英語をレクチャー。今回のテーマは、使いこなすと英語上手に聞こえる動詞“get”です!

“OMG!”は何の略?SNSで超使えるイマドキ英語10選


教えてくれたのは……


Maki Konikson(マキ・コニクソン)
ハワイを拠点に世界中を飛び回るコーディネーター&プロデューサー。自身の旅を振り返り、家族をテーマにした最新著書『MY TRAVEL, MY LIFE Maki’s Family Travel Book』(ダイヤモンド社)は必読の一冊!


I got famous.
私は有名になりました。

ALOHA! ハワイのマキ・コニクソンです。

今月はネイティブが最も使う動詞のひとつ“get”の用法をマスターしましょう。

getと言えば、「手に入れる」「得る」「受け取る」などたくさんの意味がありますが、なかでも覚えておきたいのは“get+形容詞”で「〜(の状態)になる」を表すこと。“I am famous.(私は有名です)”のように、be動詞+形容詞が「〜(の状態)である」を意味するのに対し、状況や状態の変化を伝えられます。

そして、“get famous for〜”で「〜で有名になる」という熟語もあわせて覚えておくといいですよ。「〜(の状態)になる」の英単語として“become”を思い浮かべる人も多いと思いますが、ポピュラーに使われるのは“get”。ぜひ使いこなしてみてくださいね。

たった一言でネイティブ感が出せる?イケてる英語はコレ!


【Advanced Version】

I got a haircut.
私は髪を切りました。

「髪を切った」という英語表現。直訳して“I cut my hair.”と言いがちですが、これでは「自分で髪を切った」という意味になってしまいます。動詞はget(ここでは過去形のgot)を使うのが正解ですよ。

“You got it?” “I got it.”
「分かった?」「分かったよ」

相手の言ったことを理解したときに「了解」という意味で使われる“I got it. ”は、“I understand.”と同義で、よりカジュアルに使われる表現。“You got it?”と語尾を上げると、「分かった?」と相手に尋ねる質問に。「アイガリ」「ユーガリ」のようにgotとitをつなげて発音するのがポイントです。


英語のハンドサインを使ってみよう!

日本人のハンドサインといえばピースが定番ですが、ハワイで有名なのは“shaka(シャカ)”。「アロハ」と言いながら、親指と小指を広げるジェスチャー、皆さんもご存知ですよね?「イエーイ!」と写真を撮るときにするポーズがコレです。

手の平を見せるのを“hang loose(ハングルース)”と言います。意味はshakaと同じです。他にはカニのような“”マークも面白いですよね!

「できるときにいつでもLINEしてね♡」を英語で言うと?

shaka
「アロハ」「マハロ」「元気?」

hang loose
「アロハ」「マハロ」「元気?」

thumbs up
「いいね!」

cross fingers
「グッドラック!」

quotation mark
「いわゆる」

どのタピオカが好き? ハワイでおすすめのタピオカドリンク店BEST3を発表☆

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
illustration_CHIHARU NAKAMURA
edit_KAORI SUTO
web edit_FASHION BOX, AYAKI ANDO[vivace]
sweet 2019年10月号

【いま読まれている人気記事】
20代に増加!膣のゆるみや女性器トラブルは早めに治療&ケア
タピオカ女子の裏の顔。本当の推しスイーツは?
ダイエットは朝ごはんがカギ!朝にとるべき食事とは
辛酸なめ子が電車で目撃!レジ袋から見えるアレにザワつく……
人気モデルたちがバッグと私物を公開♡
持たないことが幸せ?“若者の○○離れ”に学ぶ

CULTURE

RANKING

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
FOLLOW US
Instagram
PRIVACY POLICY