SWEET WEB.JP

間違えやすい”look forward to ~ing”【ネイティブ英会話】

間違えやすい”look forward to ~ing”【ネイティブ英会話】

【ハワイのマキさんが教えるGirl’s English】

ハワイのマキさんが外国人とのコミュニケーションやSNSですぐ使いたくなるおしゃれ&可愛い英語をレクチャー。今回は、日本人が間違えやすい表現“look forward to ~ing”をお教えします!


間違えやすい表現“look forward to ~ing”

ALOHA!ハワイのマキ・コニクソンです。私は気分転換をしたくなったら、海に出かけます。どこまでも広がる海を眺めるだけで、心のモヤモヤがスーッとなくなり、パワーが湧いてくるんです。ハワイの海も空も日本につながっています。この美しい海からエネルギーを受け取って、ポジティブ脳に切り替えて元気に過ごしてくださいね。

今回はうっかり間違えやすいフレーズ“look forward to ~ing”を取り上げます。学校で文法をしっかり学ぶ日本人にとって、toの後ろが動詞の原形ではなく、動詞+ingになることに違和感を覚えるようです。例文の場合だと、“Please look forward to come my house”と言ってしまう人が多いんですね。

実はこのtoは動詞の原形が続く不定詞ではなく、後ろに名詞しか入れられない前置詞なのです。よって、動詞を続けたい場合は、ingをつけて同盟しにする必要があるのです。難しく考えず、“look forward to ~ing”を1フレーズとして暗記してしまいましょう。


さっそく練習してみよう!

Please look forward to coming to my house.
(うちに来るのを楽しみにしててね。)

I’m looking forward to going to Hawaii.
(ハワイに行くのを楽しみにしている。)

日常会話では“I look forward to ~ing”より“I’m(I am) looking forward to ~ing”の表現のほうがポピュラー。2つとも意味は同じですが、後者の現在進行形のほうがくだけた印象で、親しい人との間でよく使われます。この“looking”となるのが紛らわしくなる原因のようで、“to”の後ろをうっかり動詞の原形にしてしまわないよう、気をつけましょう。


【Column】これも覚えておこう! 間違えやすい英語表現“I wish I were”

I wish I were you.
(私があなただったらいいのに。)

英語にはときどき文法のセオリーどおりではなく、「なぜそうなるの?」と疑問に思う表現があります。現実には違うけれど「~ならいいのに」と願望を表す“I wish 主語+過去形”がその代表例。主語が“I(私)”の場合、be動詞の過去形は“was”なので、普通なら“I wish I was”になるはずですが、“I wish I were”となります。これは英語の古い使い方が現在でも残っているからで、“look forward to ~ing”と同様、暗記してしまうのがコツ。


教えてくれたのは……

maki konikson


ハワイを拠点に世界中を飛び回るコーディネーター&プロデューサー。

【ネイティブ英会話】日常会話でよく使う使役動詞makeをマスターしよう! | SWEETWEB.JP

【ネイティブ英会話】”Should”を使いこなして英語上級者に! | SWEETWEB.JP

【ネイティブ英会話】「~かも」と言いたいときの”May” | SWEETWEB.JP

edit_KAORI SUTO
(sweet 2021年10月号)
web edit_ASUKA CHIDA
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

CULTURE 人気記事

人気記事ランキング

※人気記事は直近2週間のアクセス数を集計し更新しています。

PRIVACY POLICY プライバシーポリシー
広告掲載はこちら
FOLLOW US
Instagram
広告掲載はこちら
PRIVACY POLICY